リバウンドによって体重が増える仕組み

一種の体の防衛本能と言うことが出来るのが、リバウンドによって体重が増える仕組みです。山登りをして遭難したときの例です。ある程度の日数人間の体は、水はあっても食べ物がないという時でも、生き延びることができるものなのです。体が緊急事態ということを認識して、エネルギーを体に溜め込んでなるべく消費しないようにしてしまうからです。緊急事態になった体が低消費モードになってしまうのです。食事はしていてもたんぱく質や脂質がほとんどない低カロリーの食事ばかりを食べているなど、ダイエットをして極端に食事制限をしたりするとします。防衛本能によって体は、あまりエネルギーを消費しない低消費モードになってしまうようです。食事内容を低消費になっている状態で元に戻すと、体に栄養を蓄えようとして一気に体重が増えてリバウンドしてしまうことになってしまいます。必ず体重のリバウンドと言うのは、ダイエットをする限りあり得るものだといえます。体重のリバウンドをなるべく少なくすることが、ダイエットを成功させる為の秘訣になります。中でもたくさんダイエットを経験した事のある人は、可能性として高いもは体が低消費モードになってしまっていることです。体重を何度も一時的に減らす事を繰り返すと、体は危機感を持ちます。体に常にエネルギーを溜めようとする働きが起こり、増えやすい状態になっているのがダイエット時の体重です。体が低消費モードになっていることを、リバウンドしないように体重を落とす為には改善することが不可欠です。

コメントを残す