リバウンドしやすい食事制限

食事制限を中心にダイエットを経験したことのある人は、リバウンドも経験していることが多いようです。食事制限のやり方や、食事量も戻し方とも密接に関わっています。体重を減らす目的は多くの場合健康のためであり、健康を保つのに最も適した体重になろうとするものです。太るということは食生活や日頃の生活習慣などによって起こっていることです。太る要因の面からいかにうまくダイエットを進めていくか考える必要があります。基本的には普段の食事から摂るエネルギーより運動などで消費されるエネルギーが少ないと、あまったエネルギー分が脂肪などに変換されて、体に蓄えられてしまいます。脂肪が増えるのは、主として摂取カロリーが多すぎるためです。食事制限で体内に取り入れるカロリーを少なくすることでダイエットを行います。エネルギーを抑えるという点ではダイエットの理屈には合っています。人間の体は食事制限に慣れていく機能を持っています。摂取カロリーを減らしても、体をうまく順応させていくのです。ダイエット中に体重の減少がストップするのは、食事制限に体が慣れてくるためです。リバウンドを起こす引き金になります。リバウンドの多くは停滞期中にダイエットを中断することによって起こります。無理な食事制限を中心にしたダイエットはリバウンドを起こしやすいダイエットとも言えます。

コメントを残す