食事制限とリバウンドをしないコツ

食事制限とリバウンドをしないコツについてです。食事制限を中心にダイエットを行うと体は徐々に順応しはじめます。少ない摂取カロリーでも効率よく生きていけるように基礎代謝を下げていきます。ダイエットをしていると、体重の減少が鈍る停滞期になるものですが、これは食事制限に体が順応してきた証です。停滞期はなかなか体重が変化せず、むしろちょっとしたことでも体重が増えやすくなってる状態でもあります。この期間は、リバウンドをしやすい時となります。メンタル面でも、食事制限で食べたいものを食べないことは辛いものです。特にダイエット時に停滞期に入ると、つらいばかりで結果が出ず、挫折してしまいやすい時期でもあります。リバウンドをするのは、このタイミングでダイエットをやめてしまった場合です。それまでの食事制限に慣らされた体は、代謝が少なくカロリーを蓄積しやすい状態です。ダイエットをやめて普通の食事に戻してしまうとエネルギーが余ってしまいます。食事制限をする前は体重に影響のないエネルギー量でも、ダイエットをした後ではリバウンドの原因になってしまいます。リバウンドをすると、一時的に減った体重が元通りに増えてしまいます。リバウンドを未然に防ぐためには、食事制限中でも基礎代謝量を落とさないことです。リバウンドのないダイエットをするためには、食事制限だけで体重を減らすのではなく、筋トレなど基礎代謝の向上に努めましょう。

コメントを残す